情報の収集と分析、そして判断と行動について。

どうにもまとまりがつかない文章になりましたが、ようするに
自分の言動がまいた種の責任を取れない人間に対する場合、
私一人が全てに責任を取るしかないのだと思い至りました。

そんなうぬぼれたことを言っていいのか、私は多くの方に助けてもらい、
許してもらい、年明けにやっと落ち着きました。
ですが、そんな人たちの気持ちをないがしろにするような口出しも
事実をわざと曲解することも許せないのです。

誰かに対して私が失礼な言葉を吐いたとしても、理由があるか
どうかです。いえないことがあって、ウソをついて切り抜けることを
私は否定しません。他人に対しても自分にたいしても。

そして、個人のプライバシーというなのもとに、別の誰かの不利益を
生じる場合、それはプライバシーという言葉に姿をやつした、加害行為
だと思います。他者に対する不利益を生じる言動は露見したほうが
世の中のためだと思います。

公の利益の前に、私の利益は消し、飛ぶ。
だが、しかしいたずらに個人の利益を侵害して楽しむことはやめて欲しい。



>メリット>デメリットだったからやっただけで という言葉に感激して
そういうあなたが、大好きです。
と書かせていただきましたら
マルガレーテ様
あ・・・ありがとうございます(^^;;)。

わかって下さる方、少ないです。実際、誤解されることの方が多い。
行動ってのは氷山の上の部分みたいで、ベースに決断とか調査・計画がないとできないんですよね。
ただ、決断できない調査・計画は意味ないし、行動できない決断も同じ。
そう思うんですがねぇ。
とお返事頂きました。

行動ってのは氷山の上の部分みたいで、
ベースに決断とか調査・計画がないとできないんですよね。
ただ、決断できない調査・計画は意味ないし、行動できない決断も同じ。

うわー、この言葉に脳天をガンガン刺激されました。

知る権利を廻って、よく新聞で社会的な権利として訴訟になったり、
報道関係で問題になっていますが、社会問題としてではなく、
「一個人の利益・不利益に関わる問題として」最近考えるように
なりました。

ある一定のルールに従って、私に情報が流れてくることになった。
その際に、誰かが一部の情報を流さないように口止めをする本来ならば、
私が知っておいて当然の情報が隠されたために
私は、予想していた事態・状況と違った現実に出くわして、
大変戸惑う。

その結果として、私の利益になるならば、その口止めは
善意によるもので、後で騙されたとしても、不問に付すことが
出来るだろうし、とやかく言わない場合が多い。

その逆の場合、すなわち、私が不利益をこうむった場合は、どうなるか。
第三者の要請で、情報提供者が一部の情報を私に流さなかった。
私の判断に大きな影響を及ぼし、その情報さえあれば私はまったく違った
選択をしていたのは、第三者も情報提供者も認識していた。

私もその情報を知っていたら、回避したり、事前に覚悟したり、あらゆる
予防策をこうじたはずであり、その情報がなかったために著しい心身の
負担を背負うことになる。

ショックのあまり、顔面は蒼白となり、動くことも出来なくなり、
だからといって、私は情報が隠されていたことを知らないので
誰かに助けを求めることも出来なかった。そんなことをしたら、
私を待っていてくれた人たちに動揺を与える。そんな配慮が
かろうじで、私の意識をつないでいた。

何とか、何とか、対応するが、私としては、ボロボロの状態で
騙した相手と対峙する破目になる。

後日,この【情報の口止め】が私の知るところとなるが、解釈は
一応善意に受け取リ、そのように話を進めていく。

皆が私を心配しているから、現状の友人たちの付き合いを絶った状態から元通りとは言わないが、何とかして行きたいから。
ケンカであれ、誤解であれ、ただ、私は穏やかに友人の中に戻りたいと思った。
当然、全ての人間関係に配慮する。

しかし、第三者も仲介者も【何かアクションを起こして、現状を打破することは無理】
やろうとしない、やれない。

一番問題なのは、私の気持ちが理解できていない。
いや、むりだよ。
事実を隠してまで、都合のいい話をしたことがばれたら、女は
【私のために、そんなみっともないマネをしたくれたと喜ぶ】けど、
そのことを認めない限り、そんな人とは付き合いたくないもの。
信用の問題です。

このような場合、私に不利益が生じた責任は、私以外にとる人間は
いないのです。だから、私は一人で、自分の身をまもり、事態の
決着をつけなくてはなりません。

だから
決定権が私にある事柄については  私が決める。
あなたが決めるべきことはあなたが 決めなさい。


私は、自分の判断を狂わせる情報操作は決して許可しない。
決めるのは私自身にのみ、許されたことであり、たとえ息子で
あっても、助言は出来るが、私に代わって判断することも
ましてや、行動を決定することも代行できない。

もし、この領域に入ってくる人間がいたら、私は絶縁を以って
拒絶したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まき菱
2007年01月15日 05:07
情報が故意に隠されていたら。

怖ろしいことです。
なぜなら、決断とは自分が背負うリスクに納得するということですから。
2007年01月15日 09:16
まき菱様

この記事は、あまりにもまとまりがないし、言いたいことの
焦点が少しぼやけてしまい、【迷惑行為や裏切りへの怒り】なのか
【私の決定権を脅かす行為への牽制】なのか。

私としては、騙される方が悪いと覚悟していることもありますし、
善意でしたことでも、Hope the best, expect the worstと
何があっても対応できるようにしておかないと、【やられっぱなし】
でしょう。


2007年01月15日 09:24
>決断とは自分が背負うリスクに納得するということですから
たいていは、人間が生きている経過で、順風満帆ということは
少ないのです。

その上、リスクを押し付けられて、責任は私ひとりというのは
ぞっとします。それ見て、黙って何もしないのは、人間として
どうかしているので、【付き合えない】という結果になります。

人は誰かに対峙する時、敵であろうと味方であろうと
騙さなくてはいけなくても、騙されてしまっても、
真剣に向かい合う方が人生の一時は楽しめます。

不愉快な行為を見せて、笑顔が大切などという人間には
楽しけりゃ人間は笑う、私を笑わせたかったら、消えうせろと
いう言葉を贈りたいと思います。