お気に入りのピアニスト

バッハ:ゴールドベルク変奏曲
お気に入りのピアニストは、少ない。
ホロヴィッツくらい。

ピアニストを選ぶ基準は、チャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第一番」
をどう弾くか。

でも、最近、ちょっと気になるので
ヴォロドスとシュタットフェルト。

どちらもNHK-FMで何気なく耳にしたピアノの音が
気に入ってしまいました。

シュタットフェルトは、バッハとモーツァルト、そしてショパンしか
聞いたことはありませんが、とても斬新な音色です。
まだ26歳くらいなのに、バッハの解釈が独特なロシア派の
ピアニストなのだそうです。
バッハ:ゴールドベルク変奏曲

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント