求めてやまない光 求める者と求められる者

じぇなさまへ 愛をこめて」について
じぇなさまのコメントに触発されて記事にしました。

もう、絶対に叶わない“天賦の才”を目の前にしたら…それは、心をひきつけて止まないでしょうねぇ…。
まさに、“お日様”ですよね。求めて止まない光…。
モーツァルトを前にしたサリエリもそんな感じだったのでは


この世の中には、人に感動を与える存在があります。
人の力ではどうしようもないくらいの≪神様に愛された存在≫が
目の前に登場するのです。

身近にいる場合は殆どありませんが、たまにいます。
私の姉のように美しい、ヘルベルト・フォン・カラヤンが舞台袖まで
お迎えにきてくれるような、気品ある美人。


こういう姉がいますと、誰を見ても動じない人間になってしまい、
自分の容姿についてコメントしている女性の言葉が全て
空虚に感じるという特典が一生ついて回ります。
そして、美人を一人この世に存在させるために、家族がどれほど
努力をしなくてはいけないか、身をもって知るのです。



さて、じぇなさんが下さったコメントのなかに、
ヌレエフについて、≪求めてやまない光≫という表現が
ありました。

私も≪求めてやまない光≫を追いかける一人です。
人は誰しもそうなのかもしれません。並の人間は
追っかけとして芸能人を選んだり、美術品であったり、
様々な対象を選ぶでしょう。そしられようと、ののしられようと
趣味が悪いと蔑まれようと、止められるものではありません。

求めてやまない光に出会うことが出来た人間は幸福だと
思います。届いても届かなくても、手を伸ばして求め続ければ
当人は他に何も必要とせずに世界と引き換えにしても渡せない
恍惚感とともに生きていけるのですから。

逆に多くの人から≪求めてやまない光≫に祭り上げられた人は
地獄にいるよりも孤独かもしれません。イタリアの粋なプレイボーイたちの
一人でいる時のあの孤独な横顔を思い出していただければ、少しは
理解できるかもしれませんが、頂点を一人で走りきろうとする人は
誰も救いようがないくらい孤独な世界で生きているのです。

どちらか幸福か。私は求めてやまない光をもつ者が幸福だと思います。
そして、多くの人の求めてやまない光となりながら、自分自身も
求めてやまない光を追い続ける人間こそ、神に本当に愛された存在だと
信じております。

人は本来孤独な存在であり、だから、友人を求めると
私の家庭教師が申しておりましたが、今その言葉を
噛みしめております。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年01月01日 23:48
ギョェ!!ヽ(゚ロ゚;)ノ  お姉さんは…一体どういう人なのでしょう?!
stellaさんも、こうしてブログを拝見していて、これだけすごい人だから、外見もすごく「凛」として、素敵な人だろうと…思っておりましたが…お姉さんもすごいですねぇ~!カラヤンが!カラヤンがですかっ?!すごいなぁ…。

才能があるって…ある意味悲しい事なのかなぁ?って気がします。
必ずしもそのことが幸せであるとは限らないし…。
モーツァルトも、父親が彼の才能を開花させたけど…その為に幼い頃から旅ばかりの生活…。それはちょっと可哀想…。

しかし、好きな事が仕事になってお金がもらえるのはいいですねぇ。(笑)


2007年01月02日 10:22
私の姉は美しい女性です。

確かに美人は世の中多いのですが、姉には形のよさを超えた
気品というか内面から出てくる迫力や人を魅了する力、
そんなものが姉には備わっているのです。

カラヤンくらいならば、やはり見る目があるなと
いうのが妹としての感想ですが、さすがだと思うのが
マナーをわきまえている。

一人の美しい女性をその場限りでも、最大限に
讃える力がある。その能力こそ、オケの能力を
最大限に隆実に引き出す力だと思います。
2007年01月02日 10:33
≪才能があるって、悲しんでいるヒマがある≫ほうが
悲しいと思います。そんなことを言い出すほうが
残酷なんですけれどね。分かっていますけど。

モーツァルトの場合、かわいそうかな。
分かりません。彼の生まれからすると、所詮職人の
世界にうまれたのですから、子供の頃から仕込まれる
方が≪将来のため≫だと思います。

宮大工って9歳から学校に行かずに、徒弟始めたほうが
いいそうです。

人間として方よりは出るでしょうけど、生きていく意味
何か一つのことをなすだけの人生にしてみれば、
モーツァルトは特別ではないと思います。
ただ、教師と生徒が、特別な世界で人生を
歩き始めてしまったのでしょうね。

私とは無関係。

Stella
2007年01月02日 12:13
>人間として方よりは出るでしょうけど
きゃー!!!

人間として偏り

でした。ごめんなさい。