執念というほどではありませんが.

何十年も前のことなんて、覚えていないことが
多いのですが、一回見ただけで心に強く刻みつけられる
事があります。

そして、大抵、心に引っ掛ったまま、いつの間にか忘れていたり、
心の底でなんとなく静かに息を潜めてしまう思いになるものです。

私の場合、デビッド・ボウィとビング・クロスビーの
≪リトル・ドラー・ボーイ≫のミュージック・ビデオ。
ある12月の夜中、小林克哉さんの洋楽のテレビ番組で
クリスマスのビデオとして紹介されました。

もう一度見たいと思い続け、毎年クリスマスになると
どこかでこの映像がかからないかと、思い出します。
二度と出会えないと知りながら。


しかし、願い続けてみるものです。
今日、見つけました。
しかも簡単に。

映像をどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=gKTHvW2JcAA

願い続けてもかなわぬ思い。
それが、環境が変わり、時代が変わるとこんなに
簡単に見られるものなんですね。
ローマに行って天正少年使節は片道4年
今、飛行機で10数時間?

執念というほどでもありませんが、
軽く、心に残しておくっていいことなんですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント