鉄道がブーム   「リバイバル急行8000系号」

今年はどうやら、鉄道がブームの兆し。
鉄道に関する興味を持つ人が増え、イベントは
大盛況。

でも、実際の鉄道というのは、交通機関であるかぎり
相当な危険と隣り合わせになる世界です。
そして、そういう場所が、イベントの会場になることが
多いのです。電車が走っていないとしてしても、
本来、ヒトが流れていく場所で、立ち止まってなにかを
すること自体、危ない。

鉄道に興味を持つ方は、命懸けの覚悟をしなくては
ならない瞬間がいかに多いか、ご理解のうえ、ご参加
下さい。それから、加害者になる場合もございますので、
その点、できる限り、他人を押したりしないように
心がけたいものです。

☆+*――*+☆+*――*+☆+*――*+☆+*――*+☆+*――*+☆


「リバイバル急行8000系号」
が運転されました。


6月30日(土)、7月1日(日)の2日間、各2回(全4回)、
東横線渋谷駅停車中に、車両の写真撮影会を開催します。
また、小学生以下のお子さまを対象に、運転士・車掌との記念撮影会も開催します。
当日は制帽もお貸しします。
どうぞ、ご参加ください。

開催時間
6月30日(土)、7月1日(日)
1回目:10時45分~11時08分
2回目:12時44分~13時08分


Mr. Express&Mariartyを連れて、横浜から渋谷まで、
リバイバル急行8000系に乗りました。

最近の鉄道ブームで鉄道に興味を持つ人が増えている
ようですが、今日はとても嫌な予感。
停車駅ごとで、イベント列車の写真を撮影している人たちの
マナーが随分悪い。

危ないんです。
当然一般のお客さまも乗車してくるので、イベントで
浮かれていていいスペースと一般の乗客に迷惑をかけない
ためのスペースは自然に分かれるものです。

それが、今日は本当にあぶなかった。
渋谷の東急東横線のホームは乗客でごった返していますが、
それがこじんまりとしたイベントとではありますが、
ホームの一部に人が異常に集まっていました。

そして、小学生以下のお子さんのためにある
運転士・車掌との記念撮影会
ちゃんと車両撮影の大人たちとは違ったスペースを確保して
分けてくれているのに、そこまで入り込んで、車止めの前の
70センチくらいの高い所に上って来る人が何人もいました。
車両撮影の集団には入れない要領のわるいひとなのか、
それとも、現実問題として、肉体が異常に大きいので、
動きが取れないのか。100キロはありそうな人たち。

そのすぐ下に子供たちが並んでいるのに、落ちたら、子供が
つぶされます。係の駅員さんが必死で入らないで下さいと
拡声器で叫び続けているのに、まるで無視。
一人、また、一人と入り込んできます。

で、つい、一喝。
「出て行ってください。以下記憶なし。」
10人くらいだと思いますが、きれいさっぱりと
いなくなるまで、注意し続けました。Mr. Expressが
少し離れた場所で場内アナウンスを録音していたのですが、
『アー、お母さん、また、何かしている。』
またってなんでしょうね。
MDに入っていた私の声はあまりに大きすぎて
何を言っているか分からなかったそうです。

父親ぴょんきち君にこの話をしたら、天の声だと駅員さんは
思ったろうとのこと。そういえば、入り込んできた奴らが
出で行った後、入ってきた箇所に立ちふさがってくれました。

鉄道ブームはいいけれど、マナーは守ってね。
だって、人の命が懸かっているのです。


依然、特急サンダーバードでの暴行事件で
通報するべきと書きました。
何か起る前に自分が出来ることはやりたいと日記に
書きました。
その気持ちに少しでも、行動に移すことが出来たらと願っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

じぇな
2007年07月08日 23:26
さすがはstellaさんですっ!!
こういうことを言える人ってすごいですっ!!
大体、大人がマナーを守らない(駅員さんの言う事を聞かない…)っていうのもいただけないですねぇ…。
2007年07月08日 23:36
じぇなさん

今考えると、一番押しのけられたりして迷惑を受けたのは私と次男だったから、ガンガン言えたのかもしれません。

ちゃんと大人のための撮影スペースと子供のために安全に記念撮影できるスペースを分けているのに、子供の分まで取り挙げるなんて、それも許せなかった。

私、怒るとと怖いんです。でも、次男にはいいことしたねって褒めてもらえました。