中国鉄道大紀行 春の旅の絵日記



私は、読書が好きですが、本はもっぱら図書館で借りています。

だって、家は、まるで長屋のようなところで、狭い。
その上、子供のために、プラレールの館といわれたくらいだし、
狭い家の一部屋をつぶして、Nゲージの巨大線路を走らせることを
許可した鉄道マニアの母の鑑。ただの馬鹿。

そんな私が、久しぶりに本を購入しました。

関口知宏の中国鉄道大紀行
【春の旅】 Ⅰ ラサ~桂林
画像


       Ⅱ 桂林~西安

画像



某SNSで、中国鉄道大紀行のコミュニティを作って、管理人になって
一人でいろいろな書き込みをして、それでも、30人も参加者が
集まってくれて、楽しかった。

毎日10分の日めくり版を追いかけて、毎日そのために2時間もかけて
毎日その作業を続けて、一体何のためにそんなことをしたのか
自分でも分かりません。分からなくても、きっと後でいろいろなことを
思い出して、身体の中に溶け込んでいるこの番組を思い出すことだと
思います。それ以上は何も望みません。

今日、買ってきてもらった絵日記二冊は宝物です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント