嘘吐き!!って、言われることなのかな?

今日、テレビで夫の殺害を殺し屋に依頼したがっていた社長夫人が、警察のおとり捜査に引っかかって、殺人教唆で逮捕されたというアメリカの実話を放送していたけれど、こちらはおとり捜査ではなく、いけないこと。

今日Twitterで麻生首相が5分間ご出演されるビデオの制作費が410万円だとか言う話をきいて【高いか、安いか】多くの業界の人に聞いてみたいとつぶやいたら、早速【高い】と教えてくれた方がいました。
ならきっと高いのだろうということで、私としてはそこで納得し、それ以上は関係者が考えればいいことなのですが、その追求をしたと記憶している

麻生氏の映像費410万円を追及 五輪招致演説は高額と民主 東京都議会の五輪招致特別委員会が9日開かれ、2016年夏季五輪招致を逃した都と招致委員会が作成した報告書などについて審議。民主党都議は、プレゼンテーションで使われた麻生太郎前首相の約1分半のスピーチ映像に410万円の制作費がかかっていたことを明らかにし、高すぎると追及した。

 民主党の栗下善行都議は、昨年6月にスイス・ローザンヌで行われた国際オリンピック委員会(IOC)委員へのプレゼンで、招致委は電通と随意契約を結び、映像制作費として約2億500万円を支出したと指摘。

 そのうち麻生前首相のスピーチ映像費は410万円だったとして、栗下都議は「麻生氏がカメラの前でスピーチするだけ。なぜ、これだけかかるのか」とただした。

 都の招致本部幹部は「招致委が首相官邸での撮影に必要なスタッフの数や機材から適切に積算し、招致本部も確認して契約した」と説明、「麻生氏に報酬は支払っていない」と答えた
http://www.daily.co.jp/newsflash/2010/03/09/0002770599.shtml


そして、また、同じ都議のスタッフが身分を偽って情報収集。これって、いいことではないそうだが、どのくらいの犯罪もしくは非常識なことなのだろうか。何よりも実在の団体の名前を使っての取材だから、身分詐称だし、名前を使われた団体は大変不愉快だと思う。

民主党のやり方は世の中のルールを守らないと言われないように、モトイ、これ以上言われないように、こんなことを二度としないほうがいい。民主党政権になってから、日本の常識というか、モラルは明らかに低下した。





「五輪招致PR映像高過ぎ」の民主都議 スタッフの“身分偽装調査”発覚 自民が追及へ  
2010.3.9 22:00
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/100309/tky1003092205009-n1.htm

東京都議会で虚偽質問をしたとして追及されたことを受け、釈明する民主の栗下善行都議、大沢昇幹事長、増子博樹政調会長代行(左から)=都庁 2016年東京五輪招致のPR映像(約10分間)をめぐり、「約5億円の制作費は高い」と都議会で追及した民主の栗下善行都議のスタッフが、ロンドン五輪の招致PRにかかった映像費を調査する際、実在する日本のスポーツ団体の関係者を名乗るなど身分を偽って問い合わせをしていたことが9日、分かった。

 同日会見した自民の川井重勇幹事長は「身分を偽って情報収集したのなら国際的な信用も犯しかねない」と厳しく批判。都議会で、証人や参考人として栗下都議の招致を求める考えを示唆した。一方、栗下都議は「非があるのは感じている」と事実を認め、スポーツ団体などに謝罪する意向を示している。

 栗下都議は平成21年12月の都議会一般質問で、ロンドン五輪の招致PRにかかった映像費は約1億7千万円だったとする独自の調査結果を公表。調査手法については「直接問い合わせをした」と述べていた。

 ところが、自民が同じ会社にメールで栗下都議の調査の有無を確認したところ、同社は「日本の政治家からはいかなる問い合わせも受けていない」などと回答した。

 このため、川井幹事長は会見で、「栗下都議の質問は大きな過ちで作り上げた偽装と言ってもいい。都政に対する信頼を失わせたのなら許すことはできない」と指弾。今後、栗下都議に事実をただすなど調査に乗り出すことを強調した。

 一方、栗下都議はこの日、民主党の大沢昇幹事長らと釈明会見を開いた。

 栗下都議は、事務所スタッフが身分を実在する日本のスポーツ団体の関係者と偽り、ロンドンの会社にメールで問い合わせしていたことを認めた上で、自身も事実を把握していたことを明らかにした。

 栗下都議によれば、スタッフはロンドンの会社に「映像が非常に魅力的だ。今後のマーケティングに生かしたい」などの内容で数回にわたって問い合わせをし、回答を得たという。スタッフが偽ったスポーツ団体に承諾は得ていなかったという。

 栗下都議は「調査手法については反省しなければならない。もっと慎重に対応すべきだった。責任を感じており、事実をありのまま説明して迷惑をかけた方に謝罪したい」と頭を下げた。

 この問題は、9日に開かれた五輪招致特別委員会で、自民の小礒明都議が独自調査を踏まえ、栗下都議の質問内容の真偽をただしたことで発覚した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント