党利党略vs私利私欲

とある政党なのだが、いつも党の代表を決めた後に
●●●おろしと呼ばれる動きがえげつない。

死んだ祖父がよく「自分の利益は公共の利益に乗せろ」
と言っていたけれど、私利私欲を貫くのはその欲が
公共の利益と一致するようにしておかないとうまく
行くはずがないと言っていた。
規模はともかくとして、それを貫いた祖父は
えらかった。

次の解散・総選挙は自民党により政権奪回の手段だと
思っているのはとても甘い考えなのかもしれない。
総選挙はあくまでも、国民に信を問うということでしか
無いのであり、その結果を踏まえたうえでないと
政権がどうなるのかまでああだこうだというのは
おこがましいと思う。
選挙結果を見ないうちには何も決められない。

昨日「確かな旗のもとの政権奪回」という言葉を
聞いたが、それは谷垣総裁の下ではないのだろうか。
現段階で別の総裁による政権奪回と言い出すならば、
それは党利党略ではなく派閥の私利私欲としか、国民には
見えないと思う。


一度選んだ党首、党代表を軽々しく侮ることこそ
政党の獅子身中の虫だろう。

なんといっても国民の願いは
解散・総選挙。
国会でしっかり主張してほしい。



にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ女性日記へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント