餅と自動車

今日ツイッターに入っていたら、
月夜のぴよこ と 空耳うさぎさんたち
というサイトで
【拡散依頼!】マンナンライフがなぜこんなに政府に攻撃されるのか?

という記事があることを教えていただきました。

「こんにゃく入りゼリー」よりものどに詰まって死亡した件数が多い危険な食べ物ベスト10
>1位:もち(168例、「こんにゃく入りゼリー」の84倍危険)
>2位:パン(90例、「こんにゃく入りゼリー」の45倍危険)
>3位:ご飯(89例、「こんにゃく入りゼリー」の44.5倍危険)
>4位:すし(41例、「こんにゃく入りゼリー」の20.5倍危険)
>5位:あめ(28例、「こんにゃく入りゼリー」の14倍危険)
という事実があるなか、どうして、行政はこんにゃくゼリーだけが
死亡事故につながると大騒ぎするのでしょうか。

さらに、交通事故に至っては、少し前まで
●万人単位で報道されていました。
幼稚園児からお年寄りまで、交通事故に遭わないようにという
注意はしつこく、しつこくされています。
なのにどうして、ろくに運転できない人間にまで免許を与えているのでしょうか。

お酒だって、飲んで体を壊して、人生をめちゃくちゃにして
殺人までしちゃうことはよくあることです。

だから、いいってことではありませんが。


どうして、こんにゃくゼリーだけとやかく言われるのか
やっぱり理解できません。

これは陰謀ですね。


餅詰まらせ救急搬送、都内で18人 元日~2日
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/K2011010200620.html

都内で元日から2日午後3時までに、餅をのどに詰まらせて18人が救急車で病院に運ばれ、男性4人が死亡した。東京消防庁が2日発表した。亡くなったのは葛飾、足立、渋谷各区に住む70~82歳で、いずれも自宅で雑煮を食べていたという。搬送された18人のうち17人が60代以上。

 同庁は、餅はできるだけ小さく切り、お年寄りや子どもが食べる時は家族が付き添う、などと注意を呼びかけている。


昨年の交通死者4863人=10年連続減、高齢者が半数―警察庁
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-110102X834.html

 昨年1年間の交通事故による死者は、前年より51人少ない4863人だったことが2日、警察庁のまとめで分かった。10年連続の減少だが、対前年比の減少率は1.0%で、過去10年で最少。交通事故死者に占める高齢者(65歳以上)の割合は50.4%となり、統計を取り始めた1966年以降、初めて半数を超えた。

 昨年の事故発生件数(速報値)は72万4811件、負傷者数(同)は89万4281人で、いずれも過去最悪だった2004年から6年連続で減少。同庁は、シートベルトの着用率向上に加え、飲酒運転や速度違反など悪質なケースの減少が主な要因と分析している。

 死者数は過去最悪だった70年(1万6765人)の3割以下。平均すると1日13.32人となる。飲酒運転による死亡事故(速報値)は282件で、統計が残る90年以降で最少となった。 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント