バレエのイメージ

年齢を考えるとバレエ・スタジオでレッスンを受け始めると言っても
基礎やビギナーズから上のクラスに行くことは考えないでおりますが

バレエのイメージって 世代によって 違うのかな
と思います。

母は バレエと言えば 瀕死の白鳥


私たちの若いころは

ジョルジュ・ドン Jorge Donn(ホルヘ・ドンが正しい読み方らしいけど)
の"Los unos y los otros"のボレロ


それよりも ヌレエフの方が古典バレエとしては
人気でした。 既に肉体的な絶頂期を過ぎていて
その代り 表現力や演出 指導者として完璧な方
と言う事で ニジンスキーの再来ともてはやされておりました。



ヌレエフにリフトしてもらった大屋政子さんはすごい!!


最近 バレリーナって シルヴィ・ギエムみたいな体型の方が
増えているのでしょうか?


好みの問題ですが もう少し肉付きのよい体型が好きなので
( ̄へ ̄|||) ウームというかんじです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント