リハビリ セカンド・ステージ

手術をしてもらった病院で 通院が終了して

骨折により中断していた 尺骨突き上げ症候群のケアを
再開することになりました。

元々通院していた整形外科ですが 骨折した時に
最初に診察してもらったのもこのクリニックなので
右足首骨折に関する「情報提供書」がないと
通院の再開ができません。

やっと、17日に情報提供書が届いたので
昨日、さっそく通院再開の予約を申し込みに行きました。

予約がなくても、すぐに診察とリハビリの時間を取ってくれたので
診察はリハビリテーション科専門の先生により診察を受け
リハビリも一人の担当者が決まり、いろいろと相談をしてきました。

尺骨突き上げ症候群の症状はケアを中断していたので
状態が悪化しているはずだし
骨折後のリハビリはセカンド・ステージということで
右足首の可動域だけでなく、全身の筋肉も診て行くことに
なりました。

バレエのお稽古を再開したいですか?
と聞かれたので ビギナーズクラスなので
トウシューズははかないものの、つま先立ちやジャンプが
できるようになりたいと申し出ました。

結構難しい顔をしていましたが
自分ができると信じて コツコツとリハビリを積み重ねて
行かないと絶対に何もできないので、
「お稽古に戻りたい」という気持ちは捨てないことにしました。

骨折した時に 歩けなくなるかもしれない
と言われたのに、あっさり「経過良好」で最短の時間で
松葉杖が外れたし、骨の接合も問題がないのですから
慎重にリハビリをするとしても、お稽古をあきらめることはない
と思います。

しばらく、週に三回通院して、徐々に回数を減らすこと
自主トレのメニューを作り、リハビリに取り組むこと。
の二点がこれからの「セカンド・ステージ」です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント