森家の人々

森鴎外は、ドイツ留学時に、自分の名前・リンタロー(林太郎)が
西洋人にちゃんと発音してもらえなかったので、子供たちに
ドイツ人の名前をつけました。

西洋人。当時、日本人の名前が発音できなかったら、
呼びやすい名前をつけてもらえなかったのでしょうか。
仲間と意識できない人には名前は付けないか

*新島襄 
本名は七五三太(しめた)
アメリカ密航時に船長からI shall call you Joeと
言われて名前を変えました。    
*マルガリータ
ニックネーム多し。50くらいあるかも。
大抵は呼び間違えられてそのまま定着。
本名にいたっては、すでに忘却のかなた。
一番すごいのは≪ああ、いるね≫ちゃん。


  
森家の人々
長男於菟は、台北帝国大学医学部教授などを歴任。
長女の森茉莉は随筆家・小説家。
次女の小堀杏奴も随筆家。
末弟の 随筆家。
(森不律 -次男、生後すぐ逝去。 )

☆於菟さんちのお子さんたち
鴎外が命名。
長男 森真章(-まくす、1919年 - 2000年) 鴎外が命名。
二男 森(-とむ、- 2007年)
以下は於菟が命名。
三男 森礼於(-れお、- 2000年) -
四男 森樊須(-はんす、- 2007年)
五男 森常治(-じょうじ)


西洋人に呼びやすい名前って・・・
なんでミドル・ネームにしなかったんでしょうか。
西洋人なら、苗字の前にいくつも名前をくっつけているのに。
その辺が明治の人間ということでしょうか。
ヘル・モリ

"森家の人々" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。