勉強する馬鹿 しない馬鹿

鳩山氏も含めて、民主党の皆さんは、政治に必要な直観力がないから、この程度の本を読んで、勉強した気になるのだと思う。

よく親から、勉強する馬鹿・しない馬鹿と言われましたが、才能と言うものはどうしようもない場合が多く、無駄に勉強するのが一番最悪な結果を生むと思う。

いくら本を読んでも、考えをまとめないといけないと大隈重信という男道楽が言っていた。




首相、丸善で本買い漁る 計28冊50287円也 いつ読む?
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100111/plc1001111926004-n2.htm

鳩山由紀夫首相は11日昼、東京・丸の内の書店を訪れ、経済書や思想書など計28冊を購入した。総額50287円を現金で支払うと「まあ、好きなところから読ませていただきます」と書店を後にしたが、18日の国会召集を控え、政治課題が山積しているだけに「読書を楽しむヒマはあるのか」との声も出ている。

 首相は11日午前、首相官邸で政府・民主党首脳会議が終了後、書店に直行。松井孝治官房副長官らが同行した。

 首相は「新しい資本主義 希望の大国・日本の可能性」と題した新書を見つけ、「(日本の今後は)超資本主義か新資本主義なのか…。面白そうだね」と即購入を決断。その後も店員に持たせたかごに次々に本を入れていった。

 さすがに「ざっと読むには多すぎる。頭が満杯だ」と悲鳴をあげたが、今後の政策の指針にしようと思ったのか、新福祉国家の構想を提唱する単行本「新自由主義か新福祉国家か 民主党政権下の日本の行方」にも手を伸ばし、マンガ本「虹色のトロツキー」も2冊買い上げた。

 途中で八ツ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)関連書籍にも関心を示したが、周囲に「買った方がいいと思います?」と迷った揚げ句、購入を見送った。

 久々にゆっくりと本屋でもショッピングを堪能した首相だが、さすがに買いすぎたと思ったらしく。「『1冊5分間だけ読んでキーワードをつかむだけでも大変意味がある』といわれるが、5分かける28冊でも結構大変だな」と記者団に語りかけた。

"勉強する馬鹿 しない馬鹿" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。