2011年新聞・テレビ消滅 を読んで

2011年新聞・テレビ消滅を高校時代の知り合いのmixi日記で紹介されて読んでみました。もちろん、私は図書館から借りて読むことにしています。買いません。

今まで、なんとなく、あちこちから入ってきていた情報をまとめてくれたという読後感です。
ただ、新しい世界を創っていくという強烈な気概が感じられないので、なるほどねという感想で終わります。
新聞・テレビの業界で働いたことがあるとか、報道の世界、もっと広く情報業界に経験や情報があれば、面白かったかもしれません。

私が、知らないこと、未体験のことが多すぎて…
結局、アウトプットを庶民として受け止めているだけの自分を改めて認識しました。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



拓銀はなぜ消滅したか
北海道新聞社

ユーザレビュー:
フロンティアスピリッ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

UFJ消滅—メガバンク経営者の敗北
産経新聞ニュースサービス
須田 慎一郎

ユーザレビュー:
被害者は行員UFJ経 ...
大企業の危うさ著者が ...
総花的な理解で短時間 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

金融消滅
日本経済新聞出版社
太田 康夫

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント