ショパン

NHK-FMで今日は一日ショパン特集。

何でも政治がらみで話をすることは下品だけれど、私はショパンを国外に出した友人は偉かったと思う。

北欧や東欧において音楽家は非常に政治と緊密な人生、生活を送る人が多いそう。


ポーランド独立を目指して苦渋の闘いを続けていた人たちにとって、ショパンの活躍は一体どのような意味を持っていたのだろうか。

ショパンの音楽を聴くと、いつもそんなことを考える。
特にあの英雄を聴くと。



父とショパン
楽天ブックス
崔善愛影書房この著者の新着メールを登録する発行年月:2008年12月登録情報サイズ:単行本ページ数:

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント